FP試験

ファイナンシャルプランナー(FP)の取得前に押さえておきたい受験資格

ファイナンシャルプランナーの受験資格は?

ファイナンシャルプランナーの資格の種類や全体像

こんにちは、マリです。

ファイナンシャルプランナーは、相談者の夢や目標が叶うように、資金計画やアドバイスを行う仕事です。

今の世の中、年金や金融資産の運用について、不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そのようなお客様のために、あなたがファイナンシャルプランナーになって、様々な金融に関する悩みを解決されると、お客様はとても喜んでくれるでしょう。

私は、そんなお客様の嬉しそうな顔を見ることが、この仕事のやりがいだと思っています。

この記事を読まれている方も、私のようにファイナンシャルプランナーの仕事にやりがいを感じて、「資格を取りたい!」と思ったのかも知れませんね。

しかし、ファイナンシャルプランナーには資格の種類がいくつかありますので、まずは全体像から見ていきましょう。

  • 3級FP技能士(国家資格):最も易しい資格で、これからファイナンシャルプランナーの勉強を始める予定の人におすすめ
  • 2級FP技能士(国家資格):3級よりも深い内容について学んでいく資格で、金財とFP協会の両方で検定試験が実施されている
  • 1級FP技能士(国家資格):日本国内のファイナンシャルプランナーの最上位に位置している資格
  • AFP(民間資格):FP協会が認定している独自のライセンスで、ファイナンシャルプランナーとして幅広く仕事をしていきたい人におすすめ
  • CFP(国際ライセンス):アメリカの資格認定機関であるCFPボードとの提携で導入された資格で、国内では唯一の国際認定資格に位置付けられている

自分が目指す業界を加味して、どの資格を取得すべきなのか考えるのが大事ですね。

なお、3級~1級やAFP/CFPなど、それぞれの資格の違いや詳細は、下記の記事を参考にしてください。

FP資格の種類 まとめ
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の概要まとめ ~1級・2級・3級・CFP・AFPの違い・正式名称は?こんにちは、マリです。 これからファイナンシャルプランナーを目指そうとしている人に良く聞かれる質問が 「ファイナンシャルプラ...

国家資格や民間資格!きんざい(金融財政事情研究会)とFP協会の違い

ファイナンシャルプランナーの資格は、次のように国家資格と民間資格の2つに大きくわけられています。

  • 「3級FP技能士」「2級FP技能士」「1級FP技能士」は国家資格
  • 「AFP」「CFP」は民間資格

国家資格と民間資格のどちらを取得すれば良いのか迷っている方は少なくありません。

絶対的な正解があるわけではないものの、就職や転職で役立つのは国家資格の2級FP技能士や1級FP技能士です。

とは言え、AFPは2級FP技能士、CFPは1級FP技能士と同等レベルの資格になっていますので、「国家資格を取得する」⇒「民間資格も取得してスキルアップを目指す」という流れが良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーの国家資格は、きんざい(金融財政事情研究会)とFP協会から選択する形になります。

「学科試験は同じ」「実技試験の内容が異なる」という違いがありますので、実技試験の内容を加味してきんざい(金融財政事情研究会)とFP協会のどちらが良いのか比較すべきです。

なお、きんざいとFP協会の違いや詳細については、下記記事を参考にしてください。

きんざいとFP協会の違い
きんざいとFP協会の違いとは?ファイナンシャルプランナーの試験機関のきんざいとは? こんにちは、マリです。 本日は、ファイナンシャルプランナーの試験の実施機関...

資格取得前に押さえておきたい受験資格

ファイナンシャルプランナーは、誰でも受験できるわけではありません。

資格の種類によっては、「○○○が条件」と受験資格が定められています。

ここでは、ファイナンシャルプランナーの取得前に押さえておきたい受験資格についてまとめてみました。

ファイナンシャルプランナーのAFPの受験資格

AFPはファイナンシャルプランナーの民間資格ですが、実は「AFPになるための専用の試験」というものはありません。

以下が、AFPになるための条件であり、すべて充たす必要があります。

  • 日本FP協会が教育基準に基づいて設けたAFP認定研修を修了する
  • 更に2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格する
  • 所定の期間内に日本FP協会に登録する

そして、ここに書かれているように、「2級FP技能検定が、AFP資格審査試験も兼ねている」ということなのです。

一般的には、「基本過程のAFP認定研修を修了する」⇒「2級FP技能検定に合格する」⇒「AFP資格の登録の手続きをして認定を受ける」というルートになります。

2年間以上のFP実務経験をお持ちの方は、最初に2級FP技能検定を受けて合格してからAFP認定研修を受けるのも良いでしょう。

ここまで見たように、ファイナンシャルプランナーの試験制度は少々複雑な点があります。

ファイナンシャルプランナーの試験制度については、下記記事にまとめましたので、参考にしてください。

FP資格試験の概要
ファイナンシャルプランナー(FP)の試験制度の概要 ~試験は何種類ぐらいあるの?こんにちは、マリです。 ファイナンシャルプランナーの資格って、色々な種類があって分かりにくいですよね。 さらに、それぞれの試...

CFPの受験資格

AFPの上位であるファイナンシャルプランナーのCFPは、次の4つの点を全てクリアしているのが条件です。

  • AFP認定者でCFP資格審査試験6課目に合格している
  • CFPエントリー研修の受講を修了している
  • 通算で3年間を超える実務経験を持っている
  • 試験合格後5年以内に登録の申請をする

ファイナンシャルプランナーとして更なるステップアップを踏みたい方は、CFPを目指してみてください。

CFP/AFPとファイナンシャルプランニング技能士の違い!受験資格は?

ファイナンシャルプランナーのCFP/AFPとファイナンシャルプランニング技能士は、国家資格なのか民間資格なのかが大きな違いです。

どちらも金融業界を中心に様々な分野で役立ちますが、AFPは次の理由で実践的な資格だと考えられています。

  • 2年間ごとに資格の更新が必要
  • 知識をブラッシュアップするために継続教育が必要

ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば、最初に国家資格(技能検定)を取得し、必要に応じてCFP/AFPの認定を受けてスキルアップを図る方法がおすすめです。

以下ではファイナンシャルプランニング技能士の受験資格について説明していますので、最初にきちんとチェックしておきましょう。

ファイナンシャルプランニング技能士3級の受験資格

ファイナンシャルプランニング技能士3級は、誰でも受験できる資格です。

「FP業務に従事している者、または従事しようとしている者」が受けられる資格で、学科試験も実技試験も「○○○が条件」とは定められていません。

つまり、これからファイナンシャルプランナーを目指す全ての人が3級を受けられます。

ただし、3級は自分のスキルをアピールする資格としては少々弱いので、就職や転職で役立てたい方は2級や1級を目指しましょう。

ファイナンシャルプランニング技能士2級の受験資格

2級は3級とは違い、誰でも自由に受験できるわけではありません。

下記の4つのいずれかに該当する人が受験できると受験資格が定められています。

  • 3級の検定試験に合格している
  • 2年間以上のFP業務の実務経験を有している
  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了している
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査の3級に合格している

3級の検定試験に合格するかAFP認定研修を修了し、ファイナンシャルプランニング技能士2級を目指すのが一般的です。

ファイナンシャルプランニング技能士1級の受験資格

1級は、次のように学科試験と実技試験で受験資格に違いがあります。

<学科試験の受験資格(いずれか)>

  • 2級技能検定合格者で、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
  • FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者 実務経験年数を記入
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者

<実技試験の受験資格(いずれか)>

  • 1級学科試験の合格者
  • きんざいの実施する「FP養成コース」修了者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
  • 日本FP協会のCFP認定者
  • 日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者

3級や2級のファイナンシャルプランナーの資格よりもハードルが高い代わりに、1級の資格を取得していればあらゆる分野の仕事に役立てることができるでしょう。

なお、1級の学科試験は、きんざいでのみ実施します。実技試験は、きんざいとFP協会の両方で実施されます。

まとめ

ファイナンシャルプランナーの資格には、様々な種類があるとおわかり頂けましたか?

国家資格のFP技能士1級・2級・3級、民間資格のCFP/AFPで受験資格には違いがあります。

自分に受験資格があるのか把握するのは大事ですが、どれも就職や転職で役立てられる資格ですので、ファイナンシャルプランナーを目指す方は一度受けてみてください。