FPの仕事・FP情報

生命保険の見直しを行う上で押さえておきたいポイント

生命保険見直しのポイント

生命保険の見直しはなぜ必要なの?

街中の保険ショップでは、「生命保険の見直し相談をしませんか?」と記載されていることがあります。

「自分に合った保険に加入したからもう大丈夫」と考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、生命保険は特に定期的な見直しが必要ですよ。

なぜ生命保険の見直しを行うべきなのか、いくつかの理由を挙げてみました。

  • 毎月の保険料を大きく節約できる(過剰な保障で家計を圧迫する心配がなくなる)
  • 入院の短期化や通院治療の拡大など、最新の医療を取り巻く環境に対応した新しい保険が次々と販売されている
  • 結婚や出産、マイホームの購入や子供の独立などライフイベントに合わせて備えるべき経済的なリスクが変化する

今加入している保険が本当に自分に合っているのか確かめるために、定期的な見直しが推奨されています。

「自分に合った保険に加入していなかった・・・」「万が一の時に保障が足りなかった・・・」という事態を未然に防ぐには、生命保険の見直しが欠かせません。

自分で完璧だと思える保険に加入していても、ライフステージやライフイベントは変化しますので、一生同じ保険で良いわけではないと心得ておきましょう。

生命保険の見直しのベストなタイミング

このページでは、生命保険の見直しのベストなタイミングについて説明していきます。

  • 思い立った時:「そういえば自分の保険はどうなっているのか?」と疑問や不安になったタイミングは見直しのチャンス(早ければ早いほど効果が高い)
  • 結婚した時:結婚して生涯に渡って一緒に過ごすパートナーができた時は、残された相手のために死亡保障のことを考える必要がある
  • 出産して子供が産まれた時:家族が一人増えると生活費も増えるため、お子さんのことを考慮して必要な保障を準備する
  • マイホームを購入した時:ほとんどの住宅ローンには団体信用生命保険が付随している(支払いの途中で契約者が亡くなった時はローンの支払いが免除される)
  • 子供が独立した時:子供が独立した後は夫婦2人が安心して過ごせるような保障が必要になるため、保険の見直しが必要になる

「結婚」「出産」「マイホームの購入」「子供の独立」は、保険の見直しを行うべきタイミングですね。

しかし、「○○○の時に保険を見直さないといけない」とは特に決まっていません。

負担が大きい保険料のまま次のライフステージが変わるのを待つ意味はありませんので、生命保険について何かしらの不安がある方は早めに見直し相談をしましょう。

生命保険の見直しを行う上で押さえておきたいポイントはこれだ!

生命保険の見直しを行うべきなのは、年月とともに変化するライフサイクルに保険を最適化するためです。

正しい方法で見直していれば、「同じ保険料でも更に手厚い保障を受けられる生命保険」や「同じ保障内容でも毎月の保険料が安い生命保険」に乗り換えられます。

以下では、生命保険の見直しを行うに当たり、押さえておきたいポイントをまとめてみました。

今加入している保険の種類をチェックする

まず最初に、今加入している保険の種類をチェックすることから始めましょう。

生命保険(死亡保険)は、次の3種類に大きくわけられます。

  • 保険期間に限りがあって更新が必要な「定期保険」
  • 生涯保障が続き、解約返戻金が受けられる「終身保険」
  • 満期保険金と死亡保険金が同じで積み立て貯金ができる「養老保険」

今の自分や家族のニーズに合致している生命保険なのか確認するのは、保険の見直しで必須ですよ。

希望する目的に合わせて保険の入り直しや転換をする

自分や家族が希望する目的に合わせて、生命保険の入り直しや転換をしましょう。

ここでは、どの生命保険に加入しようか迷っている人の例をいくつか挙げてみました。

  • 万が一の時に家族が安心して生活できるように貯蓄したい⇒月々保険料を受け取れる収入保障保険を検討する
  • 子供が大学に進んだ時の教育資金に備えたい⇒保険料が一定の更新型ではない定期保険を検討する
  • 万が一の時の葬儀費用を備えたい⇒一生涯の保障を備える終身保険を検討する

基本的に保険の見直しはライフステージが変わるタイミングで行いますので、何が一番の目的なのか考えてみてください。

保障額や保険期間を見直す

加入している生命保険に必要な保障が確保されていても、適正な保障額なのかどうか見直さないといけません。

死亡の際にどのくらいのお金が必要なのかは、ライフサイクルによって変わります。

つまり、備えが多すぎるのであれば保険料が安いものに転換すべきですし、逆に保障が不足していると感じたら大型の生命保険への転換や特約の追加を検討してみましょう。

過剰な保障部分を減額して乗り換えたことで、従来の保険の更新時よりも安くなるケースは多々あります。

また、適切だと思われる必要保障に合わせて、保険期間も十分に検討すべきですね。

例えば、定期保険の保険期間は10年や20年などの年単位で定める更新型と、被保険者が60歳や70歳になるまでと定めた全期型の2種類にわけられます。

保険期間のタイプで支払う保険料は変わりますので、定期的な見直しが必須です。

保険金の受取人を考える

生命保険について説明するに当たり、次の用語が出てきます。

  • 被保険者:その生死が保険事故とされている人(保険に加入する本人)
  • 保険契約者:契約の申し込みをして保険料を支払う人
  • 保険金受取人:保険金を受け取る人

保険の見直しでは、保険金受取人も考えておきましょう。

子供の年齢に合わせて、受取人を妻にするのか子供にするのか検討する余地があります。

保険についてわからないことはファイナンシャルプランナー(FP)に相談しよう

保険に加入する際に、綿密に比較をしない人がたくさんいます。

これはそれぞれの保険の保障内容や最低保険金額といった条件で比較し、どれが良いのか吟味するのが面倒だからです。

素人が小さい文字で専門的な用語が並んだ契約書を見ると、嫌になってしまうのではないでしょうか。

だからと言って生命保険の見直しをしないと大きな損をしますので、資産形成や家計見直しのプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーに相談すべきです。

ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家で、保険に関する業務を専門的に行う人もいます。

保険に関する相談や見直しの業務ができるファイナンシャルプランナーについては、こちらのページでまとめました。

FP 保険の相談
保険に関する相談や見直しの業務ができるファイナンシャルプランナー(FP)保険の見直しが必要な理由とは? 一口に保険と言っても、私たちが加入するものは多種多様です。 リスクに備えるための保険に焦点を当て...

自分で調べるだけでは不安な方は、信頼できるファイナンシャルプランナーに相談してみてください。

まとめ

以上のように、生命保険の見直しが必要な理由とベストなタイミング、押さえておきたいポイントについておわかり頂けましたか?

個人や家族のライフステージの変化で必要な保障は変わりますので、保険は定期的な見直しが欠かせません。

「今のニーズに合っている保険なのか?」「保障額や保険期間は最適なのか?」といった部分をゆっくりと見直してみてください。