FPの仕事・FP情報

NISA(ニーサ)の仕組みを徹底解説!メリットとデメリットまとめ!

FPとNISA

NISA(ニーサ)の仕組みを徹底解説!

NISA(ニーサ)とは、2014年の1月からスタートした少額投資非課税制度です。

イギリスのISA(Individual Savings Account)をモデルにして、日本版のISAとしてNISA(Nippon Individual Savings Account)と名付けられました。

簡単に説明すると、NISA(ニーサ)は最長5年間に渡って金融商品から得た運用益や配当金が非課税になる制度です。

以下では、NISA(ニーサ)の仕組みについてわかりやすくまとめてみました。

  • 通常は購入した株式や投資信託を売却したり保有している間に配当金を受け取ったりすると、約20%の税金がかかる
  • NISA口座内で一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益は非課税になる

何かしらの方法で投資をして10万円の収益を出した場合、本来であれば2万円の税金を支払わないといけません。

収益の約20%が課税されますので、受け取ることができるのは10万円のうちの8万円です。

一方でNISA(ニーサ)を活用して投資すると非課税になるため、得た利益の10万円を丸々受け取ることができます。

非課税投資枠をフルで活用したい人に、NISA(ニーサ)は向いている制度だと言えるでしょう。

NISA(ニーサ)の非課税の期間は最大で5年間ですので、短期間での資産形成を望んでいる方にもおすすめです。

NISA(ニーサ)の仕組みを表でまとめてみた

NISA(ニーサ)による非課税の仕組みをここでは表でまとめていきます。

NISA口座の資格者:日本国内に住む20歳以上の人
口座開設可能数:1人1口座まで
非課税対象:株や投資信託の値上がり益や配当金
非課税投資枠:毎年120万円までで繰り越しは不可
期間:5年間(売却しても再利用はできない)
投資総額:5年間で600万円まで
制度継続期間:2014年から2023年までの10年間

金融庁の調査によると、2018年の12月末で一般NISAとつみたてNISAの利用者は1,253万以上とのデータが出ていました。

一般のNISA(ニーサ)は2023年まで利用できますので、今から加入しても遅くはありません。

NISA(ニーサ)のメリットはこれだ!

このページではNISA(ニーサ)に興味がある方のために、メリットについて詳しく説明していきます。

NISA(ニーサ)の口座を開設する前に、どのようなメリットがあるのかチェックしておきましょう。

確定申告が不要

NISA(ニーサ)の一番のメリットは、上記で説明したように投資の配当金や売却益が非課税になるところです。

1年間に120万円まではNISA(ニーサ)の活用による投資で税金がかからないため、確定申告の必要もありません。

会社員やサラリーマンは確定申告をする機会がありませんので、NISA(ニーサ)は手間がかからないありがたい制度です。

「税金を納めなくても良い」⇒「損益計算がわかりやすい」⇒「利益を出しやすくなる」というメリットがありますよ。

運用できる金融商品が多い

下記に該当する金融商品は、NISA(ニーサ)口座での運用ができます。

・上場株式(国内株式、外国株式)
・店頭管理銘柄株式(出資、投資口を含む)
・国内REIT(不動産投資信託)
・海外REIT
・上場株式投資信託の受益権(ETF)
・上場投資証券(ETN)
・上場未公開株式等投資法人の投資口(ベンチャーファンド)
・上場外国投資法人の投資口(カントリーファンド)
・上場新株予約権
・上場新株予約権付社債(ワラント債)
・上場転換特定社債
・上場新優先出資引受権付特定社債
・上場優先出資証券

投資枠の範囲内であれば、対象の金融商品がいくつでも購入できるのもNISA(ニーサ)のメリットですね。

2018年の1月からつみたてNISAが導入された

上記で紹介したNISA(ニーサ)とは違い、2018年の1月からはつみたてNISAが導入されました。

つみたてNISAとは、少額から長期で積み立てや分散投資を非課税で支援してくれる制度です。

つみたてNISAにどのような魅力があるのかいくつか見ていきましょう。

  • 2018年~2037年の最長20年間に渡り、日本に住む20歳以上の人なら誰でも利用できる
  • 投資で得た利益が非課税になるため、効率良く資産の形成ができる
  • SBI証券や松井証券、マネックス証券では月100円から積み立てられる(基本は1ヵ月1,000円)
  • 自分で指定した金額を自動で積み立ててくれるため、買付タイミングの判断が不要
  • 手数料が安いので低コストで長期投資を継続できる

投資で得た一定額が非課税になる点では、通常のNISA(ニーサ)と同じです。

ただし、一般NISA口座とつみたてNISA口座は、どちらか1つしか選ぶことができませんので注意してください。

NISA(ニーサ)のデメリットで押さえておきたいポイント

投資家の中で、「利益が非課税になるNISA(ニーサ)はメリットしかない」とイメージしている方はいませんか?

しかし、NISA(ニーサ)には次のデメリットがありますので、口座を開設する前にきちんと押さえておきましょう。

  • マイナンバー(個人番号)の提出義務があるなど手続きが複雑で面倒
  • 非上場株式や債券(国債・地方債・社債)、仮想通貨など対象にならない金融商品がある
  • 投資を行った場合、投資枠が残っていても翌年になるまでは他の金融機関への変更ができない
  • 損失が発生しても損益通算ができない(損失が発生しても税計算が必要ないと見なされる)
  • 一般NISAは5年後の非課税期間が終了すると売却やロールオーバーの必要があるため、長期での資産形成を希望する方には向かない

一般NISAは短期での資産形成に向いている口座ですので、長期投資を考えている方はつみたてNISA口座を検討すべきです。

まとめ

NISA(ニーサ)が非課税になる仕組みや、メリット・デメリットについておわかり頂けたでしょうか。

上場株式で資産運用したいと検討している方や大きな投資をしたい方は、1年間で120万円までの投資で得た利益が非課税になるNISA(ニーサ)がおすすめです。

つみたてNISAの口座を開設する選択肢もありますので、どれが自分に合っているのか検討してみてください。