FP試験

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級を取得するメリットや独学勉強法!

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級を取得するメリットや魅力

近年では仕事や日常生活で役立てるために、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得する方が増えました。

ここでは、ファイナンシャルプランナー(FP)の2級を取得するメリットや魅力を説明していきます。

  • 「保険の商品やサービス」「投資信託や不動産」「税金」などお金に関する知識やスキルを身につけられる
  • 資格取得の勉強や学習を通して、取っ付き難いマネーに関する苦手意識がなくなる
  • 金融機関や不動産会社を中心に、就職や転職で自分のスキルをアピールできる
  • 車の買い替えや住宅ローンなど、今後のライフプランの立て方がわかる

就職や転職を見越して、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を目指す方は少なくありません。

しかし、お金に関する知識を習得すれば、日常生活でも役立てられるメリットがあります。

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級は独学で取得できる?難しい?それともかんたん?

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級を独学で取得できるのか、疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

試験が難しいのか、それともかんたんなのか、真っ先に気になるところですよね。

3級の資格試験と比べてみると、ファイナンシャルプランナー(FP)の2級は応用的な内容が問われます。

2級からは合格率も変わりますが、勉強方法やおすすめのテキストを把握していれば独学で合格するのも不可能ではありません。

このページではファイナンシャルプランナー(FP)の2級の合格を目指す方のために、試験内容や受験資格、合格基準や正しい勉強方法について説明していきます。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級の試験内容

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級の試験内容は、下記のように学科試験と実技試験の2つです。

<学科試験>

A:ライフプランニングと資金計画
B:リスク管理
C:金融資産運用
D:タックスプランニング
E:不動産
F:相続・事業承継

<実技試験(FP協会)>

・関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
・ファイナンシャル・プランニングのプロセス
・顧客のファイナンス状況の分析と評価
・プランの検討や作成と提示

3級と試験範囲は同じですが、より応用的な内容が試験では問われます。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級の受験資格

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級は3級とは違って受験資格がありますので、きちんと押さえておきましょう。以下のいずれかの要件を充たすことが必要です。

  1. 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了している
  2. FP業務に関して2年間以上の実務経験がある
  3. 3級FP技能検定または厚生労働省認定金融渉外技能審査3級に合格している

①~③のいずれかに該当していれば、ファイナンシャルプランナー(FP)の2級を受験できます。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級の試験日程や受験手続き

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験日程は、毎年1月・5月・9月の3回です。

受験の手続きは、「インターネットから申し込む」「申込書を郵便で送って申し込む」と2通りがあります。

特に理由がない場合は、オンライン上でファイナンシャルプランナー(FP)の試験に申し込む方法がベストです。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級の受験当日の持ち物

以下では、ファイナンシャルプランナー(FP)2級の受験当日の持ち物をまとめてみました。

  • 自己を証明する写真貼付の本人確認書類
  • 計算機(電源内蔵or演算機能のみを有する)
  • 筆記用具

本人確認書類は運転免許証やパスポートから選ぶことができますので、詳細は日本FP協会の公式ホームページで確認しましょう。

参考:https://www.jafp.or.jp/exam/1fp/day/detail.shtml

ファイナンシャルプランナー(FP)2級の合格基準

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級の合格基準は、下記のように定められています。

学科試験:60点満点中36点で合格
実技試験:FP協会は60点満点中36点、きんざいは50点満点中30点で合格

どちらの試験機関を選ぶにしても、学科試験と実技試験の両方の合格で資格取得になる点では一緒です。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級の勉強時間

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級に合格するまでの勉強時間は、勉強のやり方や方法で変わります。

一般的には150時間~300時間ですが、「独学だと時間がかかる」「オンライン講座はあまり時間がかからない」と異なるのが特徴です。

3級は独学でクリアできても2級は時間がかかるケースもありますので、専門のスクールやオンライン講座でファイナンシャルプランナー(FP)の2級の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級のおすすめの勉強方法

以下では、独学でファイナンシャルプランナー(FP)の2級に合格したい人のために、おすすめの勉強方法をまとめてみました。

  1. 参考書の「最短合格・2級FP技能士」を読んで知識を身につける
  2. 問題演習の「2級FP技能士精選問題集・実技編-個人資産相談業務」を解く
  3. 学科編の問題集や参考書で知識を更に上乗せする
  4. できなかった問題にチェックを入れてひたすら繰り返す
  5. 試験の1週間前は過去問を解く(きんざいの公式サイトでダウンロード可能)

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級の合格率は50%を下回りますので、決して簡単ではありません。

それでも、「知識を身につける」⇒「問題集を解く」⇒「間違った部分の確認」とループさせていれば、独学でも何とかなります。

ファイナンシャルプランナー(FP)2級のおすすめのテキストや問題集

上記でも少し紹介しましたが、ファイナンシャルプランナー(FP)2級のおすすめのテキストや問題集をいくつか見ていきましょう。

  • みんなが欲しかった! FPの教科書 2級・AFP 2018-2019年
  • 2級FP技能士精選問題集・実技編-個人資産相談業務
  • 最短合格・2級FP技能士

「みんなが欲しかった!」シリーズはAmazonのランキングでも上位に位置していますので、購入してみる価値はあります。

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級の受験とAFP認定研修のどっち?

日本FP協会では、ファイナンシャル・プランニングの6つの専門分野に渡る知識を体系的に学習できるように、研修講座のAFP認定研修が実施されています。

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級を受験するのか、AFP認定研修を受けるのが良いのか迷っている方は少なくありません。

しかし、日本FP協会のAFP認定研修は次の2つのパターンが一般的です。

  • 最初にAFP認定研修を修了してFP2級の受験資格を得る
  • FP2級に合格してからAFP認定研修を受ける(基本課程よりも短期間で済む)

知識を更にブラッシュアップする目的で、AFP認定研修を受けてみましょう。

なお、AFP認定研修の詳細については、下記記事も参考にしてください。

AFP認定研修対応講座を選ぶべき?
FP3級を飛ばして、いきなりFP2級を受験した方がよい? どんな人におすすめ?【AFP認定研修の話】こんにちは、マリです。 ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には様々なものがありますが、仕事に活かすのなら、まずはFP2級の取...

 

実技試験は日本FP協会の資産設計提案業務を選ぶべき!

ファイナンシャルプランナー(FP)2級の実技試験は、日本FP協会ときんざいの2種類から選択できます。

「どっちでも同じでしょ?」と考えている方はいますが、日本FP協会の資産設計提案業務がおすすめです。

試験問題数は日本FP協会の方が多い代わりに、きんざいよりも合格率がダンゼン高くなっています。

どちらで受験してもファイナンシャルプランナー(FP)の2級の資格の価値は一緒ですので、日本FP協会の資産設計提案業務を選んでください。

まとめ

ファイナンシャルプランナー(FP)の2級の資格試験についておわかり頂けたでしょうか。

正しい勉強方法やおすすめの参考書で知識を身につけていれば、独学でもファイナンシャルプランナー(FP)の2級に合格できます。

「就職や転職で役立つ」「日常生活のためになる」といったメリットがありますので、ファイナンシャルプランナー(FP)の2級の取得を目指してみてください。